花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

抗ロイコトリエン薬

 

抗ロイコトリエン薬とは、ロイコトリエンという、
鼻の粘膜の炎症や腫れを引き起こす原因となるアレルギー物質を
ブロックする作用を持つ薬になります。

 

アレルギー性鼻炎に処方されますが、
気管支ぜんそくに大きな効果を発揮する薬になりますので、
主に気管支ぜんそくに処方されている薬になります。

 

では、その抗ロイコトリエン薬の副作用についてですが、
重度の副作用としてアナフィラキシーショックがあります。

 

軽度の副作用としては、
頭痛、下痢、吐き気などの報告があるとのことです。

 

服用時、いつもと違う何かを感じた時は、
服用を中止し、まず医師に相談しましょう。

 

医師の指示を受けた際は、
その指示を守り、服用されることをおすすめします。

 

次にメリットですが、
抗ロイコトリエン薬は保険が適応されますので、
患者さんの負担が少ないことです。

 

花粉症薬は、長期間の服用が必要になります。

 

窓口での支払いが少ないということは、
抗ロイコトリエン薬の最大のメリットと言えるでしょう。

 

では、最後にデメリットについてですが、
デメリットは2点あります。

 

一点目は、抗ロイコトリエン薬は、アレルギー性鼻炎、
気管支ぜんそくにしか、保険が適応されないことです。

 

アトピー性皮膚炎の治療には保険が適応されませんのでご注意下さい。

 

続いて二点目は、ケミカルメディエーター阻害薬同様、
効果を実感するには、1〜2週間の期間が必要なことです。

 

花粉が飛散し始めてからでは十分な効果を得ることが難しいので、
花粉が飛散する前からの服用が効果的とのことです。

 


抗ロイコトリエン薬

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。