花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

抗アレルギー薬

 

花粉症に処方される抗アレルギー薬について説明したいと思います。

 

まず、抗アレルギー薬の特徴についてですが、
抗アレルギー薬の中でも、抗ヒスタミン効果を持つものと
持たないものがあることをご存知でしょうか?

 

抗ヒスタミン効果を持つものは、塩基性抗アレルギー薬と言います。

 

例えばアレロック、レミカット、アレジオン、
クラリチン、ザイザル、アレグラなどがあります。

 

反対に、抗ヒスタミン効果を持たないものは、
酸性抗アレルギー薬と言います。

 

例えばリザベンを始め、ソルファー、アレギサールなどがあります。

 

次に抗アレルギー薬の副作用についてです。

 

主な副作用として眠気、口の渇き、倦怠感、吐き気、
腹痛、頭痛などが報告されています。

 

もちろん、全ての患者さんに
これらの副作用が起こるわけではありません。

 

ですが、抗アレルギー薬を服用中にこれらの副作用、
また、これら以外の何らかの副作用を感じた際は、
服用をすぐさま中止しましょう。

 

そして、早めに医師の診察を受け、
相談されることをおすすめします。

 

では、続いて抗アレルギー薬のメリット・デメリットについてです。

 

最大のメリットは、高い効果を得られること、
生命に関わるような重度の副作用の報告がされていないことの2点です。

 

反対にデメリットは、薬価が高いことです。

 

抗アレルギー薬は、まだ比較的新しい薬になり、
どうしても高くなりがち(><)

 

治療費のことでストレスを溜めてしまっては、
症状を悪化させる恐れがありますので、
治療費に不安がある方は、治療を行う前に医師に相談し、
解決させた上で治療を開始することをおすすめします。

 


抗アレルギー薬

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。