花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

ステロイド薬

 

ステロイド薬と聞けば、体に負担がかかるのでは?
と不安になる方も多いと思いますが、医師の指示を受け、
その指示を守って服用すれば何ら怖い薬ではありません。

 

ちなみに、ステロイドとは、私達の体の中にある
腎臓の上部に位置する副腎から作られる、
副腎皮質ホルモンの1つになります。

 

そして、免疫力抑制作用、抗炎症作用、
アレルギー反応抑制作用を持っています。

 

鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの花粉症の症状を
緩和、改善するステロイド薬には、
鼻腔内に直接噴霧する”鼻噴霧用”と、
口から取り入れる”経口用”の2種類があります。

 

まず、”鼻噴霧用”についてですが、
1日1回噴霧すれば良いものから、
1日2〜3回噴霧するものなど様々なタイプがあります。

 

効果もそれぞれですが、1日1回で良いタイプのものは、
効き目が早く、効果が長持ちするというメリットを持っています。

 

ですが、その高い効果ゆえか、
鼻腔内に刺激、腫れを感じる人も少なくありません。

 

刺激があると聞けば、不安になる方もいらっしゃると思いますが、
実は、”鼻噴霧用”には、保存料や防腐剤を含まないタイプが多く、
鼻腔内を傷つける刺激はないとのことです。

 

ですので、安心して点鼻されて下さい。

 

では、続いて、”経口用”についてですが、
こちらの薬は、”鼻噴霧用”では思うような効果が得られない場合に服用します。

 

ただし、効果が高いため、
一度に1〜2週間以上の服用は避ける必要があるとのことです。

 

こちらのタイプのデメリットは、副作用があることです。

 

眠気、口の渇きの他、感染症、副腎皮質機能低下・不全、
糖尿病、精神疾患などを発生する恐れがあります。

 

そのため、高血圧、心筋梗塞などの既往症がある方、
妊娠中、授乳中の方の服用には注意が必要です。

 


ステロイド薬

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。