花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

第二世代抗ヒスタミン薬

 

一般的には、第二世代抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬と呼ばれ、
アレルギー性鼻炎他、じんましん、皮膚疾患などに大きな効果を発揮します。

 

ちなみに、第二世代抗ヒスタミン薬とは、
眠気や口の渇き、倦怠感などの副作用が認められた
第一世代抗ヒスタミン薬を改良し、
様々な副作用を軽減したものを言います。

 

第一世代抗ヒスタミン薬には、タベジールを始め、
レスラミン、ポララミン、ピレチア、ホモクロミン、
ペリアクチンといった商品があります。

 

第二世代抗ヒスタミン薬T類には、
アゼプチン、ゼスラン、セルテクト、ザジテン、
ダレン、レミカットなどがあります。

 

第二世代抗ヒスタミン薬U類には、アレグラ、アレジオン、アレロック、
クラリチン、ジルテック、ザイザル、タリオンなどがあります。

 

ただ、全く副作用がないわけではありません。

 

第一世代抗ヒスタミン薬に比べると、眠気や口の渇き、
倦怠感などの副作用ははるかに軽いというだけで、
全く起きないという意味ではありません。

 

第二世代抗ヒスタミン薬の中でも、
T類に含まれる薬を服用する場合は、
てんかん、熱性痙攣を悪化させる恐れがあるため、
服用される際には十分な注意が必要です。

 

そらから、第二世代抗ヒスタミン薬の最大のメリットは、
メディエーター遊離阻害作用を持っていることです。

 

ケミカル遊離阻害作用とは、肥満細胞からヒスタミンなどの
アレルギー物質が遊離するのを防ぐ作用になります。

 

反対にデメリットですが、
第二世代抗ヒスタミン薬はまだ新しく、
後発医薬品が少ないことがデメリットと言えるでしょう。

 

やはり効果が強くなった分だけ、
薬価が高額になっていることは仕方のないことなのかもしれません。

 


第二世代抗ヒスタミン薬

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。