花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

ポララミン

 

抗アレルギー薬ポララミンは、
アレルギーの原因となるヒスタミン受容体をブロックし、
アレルギーの様々な症状を緩和、改善する効果を持つ
抗ヒスタミン薬になります。

 

主成分は、d−クロルフェニラミンマレイン酸塩です。

 

アレルギー性鼻炎を始め、
くしゃみ、じんましん、皮膚疾患に効果を発揮します。

 

現在、重度の副作用は報告されていませんが、
抗アレルギー薬特有の眠気、口の渇き、食欲不振、
めまい、吐き気などの副作用は多く報告されているとのことです。

 

また、副作用の一つに、眠気があり、運転業務や
集中力が必要になる業務に就かれている方は避けた方が賢明です。

 

ですが、従来の抗アレルギー薬に比べ、
比較的少ない第2ヒスタミン薬であるため、
副作用は少ないとのことです。

 

それから、ポララミンには、
成人が服用する錠剤と小児が服用するドライシロップがあります。

 

どちらかと言えば、成人よりも
小児に用いられる機会が多い薬となっています。

 

ちなみに、アレルギー性鼻炎の様々な症状の中でも、
鼻水の症状緩和、治療に用いられる機会が多く、
鼻づまりよりも鼻水の改善に高い効果を持っているとのことです。

 

では、ポララミンのメリットとデメリットについて説明します。

 

最大のメリットは、高い即効性を持っていることです。

 

デメリットは、その効果の高さゆえか、
体質に合う合わないがあることです。

 

それから、緑内障、前立腺肥大症などの既往症をお持ちの方、
妊娠中や授乳中の方には処方できないことです。

 

また、薬の飲み合わせがあるため、服用中の薬がある方は、
服用時には注意が必要になります。

 


ポララミン

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。