花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

チムケント

 

チムケントは、花粉症薬アレジオン錠の後発医薬品になります。

 

主成分は、エピナスチン塩酸塩になります。

 

ヒスタミンなどのアレルギーの原因となる物質を抑え、
アレルギーによる様々な症状を緩和する効果があります。

 

気管支ぜんそくを始め、じんましん、皮膚疾患、
鼻水や鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー性鼻炎の症状緩和、
治療に用いられる薬となっています。

 

現在、チムケントは、医師の診察を受け、
処方された場合に限り、服用することができます。

 

ドラッグストアなどでは、購入することができませんので、
服用したい場合は、医師の診察を受けることをおすすめします。

 

ちなみに、服用方法に関してですが、
成人は、1日朝晩の2回服用が基本です。

 

服用量は、通常の場合は、朝、就寝前の各1回ごとに
10〜20mgを服用しますが、
年齢、症状によって適宜増減するとのことです。

 

主な副作用としては、眠気、口の渇き、倦怠感、だるさ、
浮腫み、じんましん、発疹、痒みがあります。

 

また、極まれにですが、食欲不振、黄疸、鼻血、
歯ぐきからの出血、肝機能障害、
体全身の倦怠感などの症状があったとの報告がされています。

 

服用中にこれらの副作用以外の症状を感じた時は、
即、服用を中止し、かかりつけの医師に相談、指示を仰ぎましょう。

 

チムケントの最大のメリットは、後発医薬品になるため、
薬価が安く済むことです。

 

花粉症薬は長期化する可能性が高く、毎月の薬価が苦になり、
途中で諦めてしまう方も少なくありません。

 

デメリットは、1日2回の服用です。

 

1日1回の服用が主流になっている昨今、
2回の服用を面倒に感じる方も少なくないとのことです。

 


チムケント

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。