花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症の検査方法

 

現在、花粉症の原因になる植物は、
約60種類あると言われています。

 

自分自身の花粉症の原因となる植物が何なのか、
どの植物が原因なのかを正確に把握した上で予防する必要があるのです。

 

ちなみに、花粉症の検査には、
血液検査と皮膚検査、鼻汁検査があります。

 

では、まず血液検査についてです。

 

血液検査でチェックできるものは、
血液中の免疫グロブリンの他、
IgE、リンパ球サブセット、抗核抗体になります。

 

この血液検査では、花粉症の原因となるアレルゲンを始め、
ハウスダスト、食品アレルギー、動物アレルギーなど、
12種類ものアレルゲンを調べることができます。

 

血液検査にかかる費用についてですが、
病院により多少の差はあります。

 

相場は3,000〜6,000円前後、
その費用に初診料が加算されますので、
1万円でお釣りがあるくらいでしょうか?

 

また、どの科で受けられるのかについてですが、
もっとも一般的な科は耳鼻咽喉科になります。

 

ですが、お子さまであれば、小児科でもOK!

 

大人であれば、内科でも受診が可能ですので、
お近くの病院で検査を受けてみてはいかがでしょうか?

 

続いて皮膚検査についてです。

 

皮膚検査には、皮膚に傷を付けて反応を見るブリックテストと、
アレルゲンを皮膚に直接注射し、
皮膚の反応を見る皮内テストの2種類があります。

 

この皮膚検査のメリットは、
検査後すぐに結果を知ることができることです。

 

検査結果を確認後すぐ治療を行うことができるので、
お仕事などで時間のない方におすすめの検査になります。

 

最後は、鼻汁検査についてです。

 

この検査は、鼻の入り口周辺の鼻水を綿棒に取り、
好酸球の量をチェックする検査になります。

 


花粉症の検査方法

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。