花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

ジルテック

 

ジルテックの主成分は、セチリジン塩酸塩になり、
第2世代抗ヒスタミン薬になります。

 

アレルギー性鼻炎などのアレルギーの原因となる
ヒスタミン受容体をブロックすることにより、
鼻水や鼻づまりなどのアレルギー症状を緩和する効果があります。

 

メリットは、後発医薬品があることです。

 

それから、服用後すぐ効果を実感できることです。

 

また、様々な医薬品メーカーから多数の後発医薬品が販売されており、
好みのメーカーを選ぶことができる点もメリットと言えるのではないでしょうか?

 

ちなみに、薬価は、現在、ジルテック錠5mgは88.7円、
10mgは、109.9円となっています。

 

第2世代抗ヒスタミン薬ですので、初期の抗ヒスタミン薬に比べると
副作用は少ないと言われます。

 

第2ヒスタミン薬の中では、アレロックと並び、
眠気を強く感じる薬となっています。

 

また、アルコールを飲酒した後、同時に服用した場合は、
アルコールも手伝い、強い眠気を感じることもあります。

 

ジルテックを服用されている患者さんは、
できれば過度なアルコール摂取を控えることをおすすめします。

 

アルコールを好む方には、
この点が唯一のデメリットとなるかもしれません。

 

ジルテックの服用方法に関してですが、
成人の場合、1日1回、就寝前の服用が効果的です。

 

服用量は、通常1回あたり10mgが処方されますが、
年齢、症状により、増減があるとのことです。

 

医師の指示に従い、用法を守って服用しましょう。

 

それから、抗ヒスタミン薬はほとんどのものが
花粉が飛散する前からの服用が効果的だとされています。

 

ですが、ジルテックは、花粉が飛散し、鼻水や鼻づまりなどの
花粉症の症状がみられてからでも十分に間に合うとのことです。

 


ジルテック

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。