花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

キプレス

 

キプレスは成分が同一の万有製薬から販売されている
シングレアという薬も販売されています。

 

キプレス、シングレアに配合されている成分はモンテルカストです。

 

主に、気管支ぜんそくの症状緩和、花粉症の症状の中でも、
鼻づまりに効果を発揮する薬として知られています。

 

服用方法は、成人の場合は1日1回です。

 

1回あたり、5〜10mgを就寝前に服用します。

 

服用量は、年齢、症状によって増減しますが、
1日10mgを超える処方は少ないそうです。

 

1〜6歳までは細粒タイプが、6以上の小児に関しては、
小児でも服用しやすいチュアブル錠が用意されています。

 

メリットは、1回の服用で効果が長く持続することです。

 

就寝前に服用するタイプの薬ですので、
忘れずに服用できる、続けやすいといった口コミが多く、
花粉症薬の中でも人気のある薬の一つとなっています。

 

反対にデメリットは、
眠気や口の渇きなどの副作用があることです。

 

また、極まれにですが、腹痛、下痢、食欲不振、
吐き気などの副作用が報告されているため、
体調に不安のある方は慎重に服用することをおすすめします。

 

ちなみに、重度の副作用として血管浮腫を始め、
アナフィラキシーショック症状、黄疸、肝炎、
劇症肝炎、肝機能障害などが報告されています。

 

そのため、肝臓、腎臓に持病をお持ちの方、
高齢者の方が服用される場合は注意が必要です。

 

最後に、キプレスには、チュアブル錠、細粒タイプ、
錠剤5mgと10mgの4タイプがあります。

 

チュアブル錠、細粒タイプに関しては気管支ぜんそくのみの対応となっていて、
アレルギー性鼻炎には対応していないとのことです。

 


キプレス

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。