花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

ゼスラン

 

花粉症薬ゼスランは、第2世代抗ヒスタミン薬になります。

 

花粉症の様々な症状の中でも、
特に鼻水や鼻づまり、くしゃみに効果的です。

 

初期の抗ヒスタミン薬に比べ、
眠気や口の渇きなどの副作用は少ないと言われています。

 

ですが、体質によっては、眠気、倦怠感などの症状を
強く感じる方もいらっしゃるとのことです。

 

もし、服用中に何らかの異常を感じた際は服用を中止し、
早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 

また、ゼスランは、アレルギーの原因となる
ヒスタミンの受容体をブロックすることで、
鼻水、鼻づまりなどの花粉症の症状を緩和し、
楽にする効果を持っています。

 

ですが、緑内障、もしくは前立腺肥大症で治療中の方で、
治療薬を服用中の方は、薬と薬が相互作用を発生し、
悪影響を及ぼす恐れがあるため、服用を控えた方が賢明です。

 

ちなみに、ゼスランは、フランスで開発された抗ヒスタミン薬になり、
一般名はメキタジンと言います。

 

服用は、成人の場合、1日2回になります。

 

服用量は、年齢、症状によって増減しますので、
医師の指示に従い服用することが大切です。

 

発売は、1983年です。

 

国内において花粉症薬としての歴史も長く、
実績のある花粉症薬として人気の薬となっています。

 

メリットは、後発医薬品があることです。

 

薬価が安く済むのは、長期化する服用期間を考えれば、
最大のメリットと言えるのではないでしょうか?

 

デメリットは、他の薬との飲み合わせに気をつける必要があることです。

 

精神疾患などに処方される精神安定剤、
鎮静剤などの中枢神経抑制作用のある薬を服用されている方は、
服用を控えましょう。

 

また、過度なアルコール摂取は、薬の効果を弱めたり、
副作用を強めるなどの可能性があるとのことです。

 


ゼスラン

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。