花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

セレスタミン

 

花粉症薬セレスタミンは、鼻水や鼻づまりなどの
花粉症の症状、じんましんに効果的です。

 

セレスタミンは、抗ヒスタミン剤と合成副腎皮質ホルモンを
バランス良く配合した薬になります。

 

合成副腎皮質ホルモンは、いわゆるステロイド剤です。

 

強力な抗炎症作用があるため、炎症を起こしている皮膚疾患の他、
関節炎の炎症緩和に用いられます。

 

効果の高い反面、デメリットとして、
ステロイド剤の持つ不安要素である常習性が挙げられます。

 

また、副腎皮質ホルモンは、長期に服用した場合、
花粉症予防にとって重要な役目を果たす免疫力を
低下させる恐れもあり、服用には注意が必要になります。

 

医師からセレスタミンの服用について説明を受けると思いますが、
必ずその説明を聞き、納得した上で服用されることをおすすめします。

 

花粉症でセレスタミンの処方を受けた際、
素人判断で突然、服用を中止してはいけません。

 

抗ヒスタミン薬になりますので、
副作用として眠気、口の渇きなどの症状を感じることがあります。

 

ステロイド剤が配合されていますので、勝手に服用を中止してしまっては、
何らの体調不良を及ぼす恐れがあり、危険を伴います。

 

それから、服用中に眠気、口の渇きなどの症状以外に、
食欲不振、うつ状態、貧血、喉の痛み、筋力低下などの症状を感じた際は、
早めに医師の診断を受け、医師の指示を仰ぎましょう。

 

ちなみに、セレスタミンは、
成人が服用する場合は1日1〜4回になります。

 

1回あたり1〜2錠の服用になりますが、
年齢、症状により、増減されるとのことです。

 


セレスタミン

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。