花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

クラリチン

 

クラリチンは、抗アレルギー薬になります。

 

一般名は、ロラタジンと言います。

 

鼻水や鼻づまりなどの花粉症の症状の他、
じんましん、皮膚疾患の症状緩和に処方されます。

 

メリットは、後発医薬品であるロラタジンを選ぶことができることです。

 

デメリットは、抗ヒスタミン薬になりますので、
眠気、口の渇き、倦怠感などの副作用があることです。

 

ただ、クラチオンは、第2世代抗ヒスタミン薬になりますので、
初期の頃に販売されていた際に報告されている眠気、
口の渇き、倦怠感などの副作用は比較的少なく、
生命に関わるほどのほどの重度の副作用は報告されていないとのことです。

 

ですが、眠気、口の渇き等の副作用は、個人差がありますので、
服用後、通常時よりも眠気、口の渇きなどの症状を感じる方も少なくありません。

 

何かしらの異常を感じた際は、服用を中止し、
医師に相談されることをおすすめします。

 

これらの副作用により、仕事、家事に支障を来す場合は、
服用を避けたい方が賢明です。

 

また、腎臓、肝臓に不安のある方、高齢者の方は、
医師に不安がある旨を伝え、医師の指示を仰ぎましょう。

 

薬は、どの薬でもそうですが、腎臓に負担がかかります(><)

 

特に、花粉症は、薬の服用が長期化する場合も多く、
長く服用すればするだけ、それだけ大事な臓器に負担がかかるのです。

 

医師に相談の上、慎重に服用されることをおすすめします。

 

ちなみに、クラリチンは1日1回の服用になります。

 

効果を実感するまで、数日から10日ほどかかります。

 

鼻水、鼻づまりなどの症状を防ぐには、
花粉が飛散する前からの服用が効果的です。

 


クラリチン

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。