花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

オロパタジン

 

アレルギー性鼻炎やじんましん、
皮膚疾患に処方されるオロパタジンは、
抗ヒスタミン薬になります。

 

オロパタジンは商品名をアレロックと言います。

 

この薬はアレルギーの原因となるヒスタミンを抑え、
鼻水、鼻づまりなどの花粉症の症状緩和に効果を発揮します。

 

ヒスタミンは、私達の体を守る免疫細胞の一つである、
肥満細胞から放出されることが分かっています。

 

そのヒスタミンの作用を抑え、
鼻水、鼻づまりなどの症状を緩和してくれるのが、
抗ヒスタミン薬になります。

 

オロパタジンは、成人の場合、
1回1錠を1日2回服用します。

 

朝、就寝前の2回になりますが、
服用量は年齢、症状によって増減するとのことです。

 

こちらの薬は、7歳以上の小児でも服用が可能です。
小児の場合も、朝、就寝前の1日2回の服用となります。

 

重大な副作用として、
アナフィラキシーショックがあるとのことです。

 

その他には、眠気、口の乾き、倦怠感、
だるさなどを感じることもあるとのことです。

 

そのため、運転業務、集中力が必要な業務に従事されている方は、
慎重に服用することをおすすめします。

 

鼻水、鼻づまりなどの花粉症の症状を予防するには、
花粉が飛散する前から服用する必要があります。

 

花粉症の症状に悩まされるのを避けたい方は、
早めに医師にかかり、処方してもらいましょう。

 

ちなみに、オロパタジンは、後発医薬品になりますので、
薬価が安く済むというメリットがあります。

 

ですが、デメリットとして、
抗ヒスタミン薬のデメリットともいうべき悪影響が(><)

 

花粉症薬は長期戦になりますので、
長く服用していると太りやすくなる傾向にあるとのことです。

 


オロパタジン

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。