花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

レボセチリジン

 

花粉症とじんましんに効果のある薬にレボセチリジンがあります。

 

アレルギー性鼻炎の症状緩和の他に、
皮膚に痒みがあるじんましんにも効果があるとされています。

 

アレルギー疾患に関わる一般的な症状に処方されている、
代表的な薬の一つになります。

 

レボセチリジンは、第2世代の抗ヒスタミン薬になり、
商品名はザイザルです。

 

ザイザルは、花粉症薬の中でも超が付くほど有名ですので、
ご存知ない方は少ないのではないでしょうか?

 

ちなみに、第2世代ヒスタミン薬とは、
初期に開発・販売された抗ヒスタミン薬は、
眠気や倦怠感などの副作用に問題があり販売が中止に(><)

 

その副作用を回避したのが、
レボセチリジンのような第2世代抗ヒスタミン薬になります。

 

レボセチリジンの元はセチリジン。

 

商品名はジルテックです。

 

ジルテックは効果が薄く、
患者さんたちが満足できる結果とならなかったため、
セチリジンの効果を強め、眠気や倦怠感といった
副作用を少なくするなどの改良を行いました。

 

その改良型がレボセチリジンになります。

 

以前は最長2週間の服用と制限が設けられていましたが、
現在はその制限は解消されており、長期処方が可能になっています。

 

服用は1日1回です。

 

1日2〜3回服用するタイプの他の花粉症薬に比べると、
安価な価格で手に入れることができますが、
それだけ長く効果が持続するということは、
体への負担が大きいということです。

 

また、運転業務に支障を来す恐れがあるとのことで、
運転業務に従事している方にとっては、
その点がデメリットとなるでしょう。

 


レボセチリジン

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。