花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

ロキソニン

 

 

花粉症の症状には、目の痒みを始め、
鼻水、鼻づまりなどの症状があります。

 

これらの症状が軽いうちは生活に大きな支障を来すこともありませんが、
酷くなると、それらの症状に加え、頭痛や倦怠感などを伴うこともあり、
早めのケアが必要になります。

 

花粉症に伴う頭痛の原因は鼻づまりです。

 

私達人間の鼻は生きていくために必要な機能を果たしています。

 

その機能とは、いわゆる呼吸です。

 

鼻から空気を吸って吐くことで、体に酸素を取り込んでいますが、
吸い込む際、新鮮な空気だけでなく、花粉も吸いこんでしまっているのです。

 

花粉は鼻の粘膜に付着し、
鼻水や鼻づまりなどのアレルギー反応を引き起こします。

 

そうしますと、鼻の粘膜が腫れ、軌道が狭くなるため、
十分な酸素を取り入れることが難しくなり、
頭がボーッとするなどの倦怠感を感じるのです。

 

また、鼻水が詰まると、いつも以上に強いストレスを感じ、
そのストレスが神経を刺激し、
頭痛を引き起こしてしまうのです。

 

花粉症に伴う頭痛には、ロキソニンがおすすめです。

 

ロキソニンは、消炎鎮痛剤になります。

 

炎症を抑え、痛みを抑えることに優れた効果があります。

 

ですが、それは一時的な解決であり、根本的な解決にはなりませんので、
長く続くようであれば、医師の診察を受けることをおすすめします。

 

ロキソニンは服用後30分前後で効果を実感できるほどの即効性が魅力です。

 

ですが、効果が高い反面、その効果ゆえか、
胃を傷める人も少なくありません。

 

ちなみに、服用方法は1日3回です。

 

3回服用することで、
1日24時間の効果が期待ができるとのことです。

 


ロキソニン

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。