花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

ロラタジン

 

アレルギー性鼻炎に効果があるとされる薬にロラタジンがあります。

 

ロラタジンは、第2抗ヒスタミン薬です。

 

抗アレルギー薬クラリチン錠のジェネリック医薬品として販売されています。

 

アレルギーの症状を緩和する効果があるとされますが、
中でも花粉症の代表的な症状であるアレルギー性鼻炎の症状緩和に役立ちます。

 

花粉症の他には、じんましん、皮膚疾患にも効果的な薬となっています。

 

現在、生命に関わるような深刻な副作用の報告はされていませんが、
眠気、口の渇き、だるさ、倦怠感などの副作用があるとのことです。

 

運転業務、集中力が必要なお仕事をされている方。

 

また、腎臓、肝臓に何らかの病気をお持ちの方。

 

てんかんの症状がある方、他の薬を服用中のシニア世代の方。

 

これらの方々は医師に相談の上で服用されることをおすすめします。

 

ロラタジンのメリットは、持続性と効果の高さ、薬価の安さです。

 

効果が長く持続しますので、1日1回の服用でOK!

 

それから、服用後、半日から1日目で効果を実感できることです。

 

ジェネリック医薬品ですので、クラリチンに比べ、
安価な価格で購入することができます。

 

ですが、その効果の長さゆえか、頭痛、腹痛、だるさ、
倦怠感といった副作用があります。

 

また、極まれにですが、肝障害、
てんかんの症状を発症したとの報告がありますので、
服用には注意が必要です。

 

ちなみに、ロラタジンは医薬品になりますので、
医師の処方箋がなければ服用することができません。

 

ですが、薬を購入することができるネット通販を利用すれば、
ロラタジンではなくクラリチンになりますが、お得に購入することができます。

 


ロラタジン

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。