花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

エバステル

 

エバステルは、抗アレルギー薬になります。

 

主成分はエバスチンです。

 

第2世代抗ヒスタミン薬に分類されている花粉症薬になりますが、
その他にも円形脱毛症治療にも効果があることが分かっています。

 

花粉症と円形脱毛症、二つの症状でお悩みの方には、
重宝する薬となっているのではないでしょうか?

 

ただ、二つの効果を実感できるということは、
それだけ副作用が強いとも言えます。

 

エバステルの副作用として報告されている症状は、
眠気、口の渇きです。

 

抗アレルギー薬にありがちな副作用ですが、
他の抗アレルギー薬に比べると眠気は軽いそうですが、
運転業務、集中力が必要な職種の方が服用される場合は、
注意が必要になります。

 

その他にも、だるさを始め、倦怠感、頭痛、
じんましん、発疹、冷えなどが報告されているとのことです。

 

また、極まれにですが、
肝機能障害に陥る人がいるとのこと(><)

 

エバステルを長期に服用する場合、
または肝機能に何らかの障害を抱えている方が服用する場合は、
医師に相談した上で、慎重に服用を開始されることをお勧めします。

 

もしも、服用中に口の渇き、眠気の症状以外の、
例えば、酷い頭痛や微熱、食欲不振、胃の痛みなどを実感した時は、
早めに医師に相談し、医師の指示を仰ぎましょう。

 

エバステルの服用は1日1回です。

 

5〜10mgの服用が一般的ですが、
年齢、症状に合わせ増減します。

 

ですが、それでも不安がある方は服用の量を減らすか、
もしくは、定期的に血液検査、もしくは尿検査を行うなど、
医師に相談してみてはいかがでしょうか?

 


エバステル

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。