花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

ザイザル

 

花粉症で処方される薬の一つにザイザルがあります。

 

ザイザルは、一般的には錠剤が有名ですが、
錠剤が苦手な方には、シロップも用意されています。

 

ザイザルは、2010年に認可された、
まだ比較的新しい薬になり、
いわゆる第2世代抗ヒスタミン薬です。

 

この薬のメリットは、1日1回の服用で良いこと。

 

お仕事をお持ちの方など、忙しい毎日を送る人には、
服用の手間の少なく、重宝される薬となっています。

 

販売元は、グラクソ・スミスクライン社。

 

グラクソ・スミスクライン社が発売していた花粉症薬
ジルテックを改良し改善した薬になります。

 

効果の高いジルテック同等の効果、効能を持っているのですが、
ジルテックに比べ、眠気が少ない点が受け、
人気の花粉症薬となっているのです。

 

ちなみに、ザイザル錠5mgは105.8円、
ザイザルシロップ0.05%は19.6円となります。

 

ただし、ザイザルは、医師の診察を受け、
医師の処方がなければ服用することができません。

 

似た薬は市販されていますが、
ザイザルは、市販されていませんので、
病院に行き、処方箋をもらわなければ服用できません。

 

それから、効果の高い薬にありがちなことですが、
効果が高いということは、何らかの副作用の心配があるということもなります(><)

 

先ほどの眠気の他、体重増加、ウツ症状、睡眠障害、
イライラなどがあるとのことです。

 

最後に、服用方法についてですが、
成人の場合は、基本的には1日1回5mgを1錠となっています。

 

期待しただけの効果を得られない場合は、
1日最大10mgまでは増量可能とのこと。

 

7歳以上15歳未満の小児の場合は、
1回2.5mgを1日2回服用します。

 


ザイザル

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。