花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

減感作療法

 

アレルギー治療には、薬物療法を始め、
食事療法ボトックス治療などがあります。

 

ですが、鼻水や鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎に関しては、
減感作療法がおすすめです。

 

ちなみに、減感作療法はアレルギー性鼻炎唯一の
根本治療法と言われています。

 

ただし、減感作療法にもデメリットがあります。

 

まず、一つ目に治療成功率は80%ほどです。

 

全ての患者に満足がいく結果にはなりません。

 

続いて、二つ目は治療を開始した当初は、
1週間に1〜2回の治療が必要になります。

 

最初は体に負担がないよう、少量のアレルゲン注射から始め、
徐々にその量を増やしていきます。

 

そのため、治療を終えるまでに約1〜3年という長い時間が必要になり、
途中で諦めてしまう患者も少なくありません。

 

三つ目は副作用があることです。

 

アレルゲンを体の中に徐々に入れていきますので、
何らかのアレルギーを発生させる可能性があるのです。

 

その結果、花粉症の症状が重くなったり、喘息の発症、
酷くなれば、アナフィラキシー反応を引き起こす恐れもあります。

 

ですので、信頼できる医師を見つけ、
相談されることをおすすめします。

 

では、減感作療法のメリットについてです。

 

最大のメリットは、保険適用されることです!

 

1回あたり500〜700円という
安価な費用で治療を受けることができます。

 

そのため、治療が長引いても途中で諦めることさえなければ、
最後まで治療を受けることができるのではないでしょうか?

 

鼻水、鼻づまりは酷くなれば、
鼻腔内の炎症、頭痛などの二次災害を起こすことも(><)

 

症状が悪くならないうちに、
早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 


減感作療法

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。