花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

注射治療

 

花粉症の治療法には、薬物治療を始め、
食事療法、レーザー治療などがあります。

 

その他には注射によって症状を緩和させることができる
注射療法を選ぶことも可能です。

 

そこで注射治療の特徴、メリット、デメリット、
料金について説明したいと思います。

 

まず、特徴についてです。

 

注射治療には、ステロイド注射、
ヒスタミン注射、アレルゲン注射などがあります。

 

中でもステロイド注射は効果が大きい反面、
副作用の心配があります。

 

お仕事などで時間の取れない方には
ステロイド注射が最適な注射となっています。

 

持病をお持ちの方は、必ず医師に相談の上、
納得されてから行うことをおすすめします。

 

ちなみに、副作用としては、ホルモンバランスの乱れ、
生理不順、胃潰瘍、肥満、血糖値上昇、免疫力低下、
精神疾患などの他、ムーンフェイス症候群などが考えられます。

 

糖尿病の方は、特に注意が必要です!

 

ステロイド注射を打ったために糖尿病が悪化し、
入院しなければならないなどのデメリットがあるとのことです。

 

ヒスタミン注射、アレルゲン注射に関しては、
ステロイド注射ほどの副作用はありません。

 

ですが、副作用の心配が少ないだけに効果の持続は短く、
何度も打たなければならない等のデメリットがあります。

 

では、これらの注射の治療費についてですが、
効果の高いステロイド注射は1,000円〜、
ヒスタミン注射、アレルゲン注射では、500円〜となっています。

 

想像した以上に、安く感じたのではないでしょうか?

 

この安さこそが、注射治療の最大のメリットと言えるでしょう。

 


注射治療

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。