花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症と雑草の関係

 

花粉症の原因となる樹木は、
春先に花粉を飛散するスギ・ヒノキが一般的です。

 

ですが、花粉を飛散するものには樹木だけでなく、
道端に生えている雑草からも花粉が飛散されていることをご存知でしょうか?

 

ちなみに、雑草には、ブタクサ、カナムグラ、ヨモギなどがあります。

 

これらの雑草は、スギやヒノキのように春先に飛散するわけではありません。

 

ブタクサやヨモギなどが飛散する時期は9〜10月です。

 

春先から始まった花粉症の症状が
ちょっと落ち着いたなと思った頃に
ブタクサ、ヨモギなどが原因となり、
また花粉症の症状に苦しむことになるのです。

 

では、簡単にこれらの雑草について説明します。

 

まず、ブタクサですが、広葉雑草キク科に属する
北アメリカ原産の帰化植物になります。

 

色々な場所に生育してりますが、
わりと土の柔らかい場所に生育することが多いです。

 

三角状の葉を持ち、8〜9月になると、
緑色の花を咲かせ、風に乗って花粉を飛散します。

 

続いて、カナムグラについてです。

 

こちらは、広葉雑草クワ科になります。

 

主に、畑や林のある道端に生育しています。

 

特徴は、茎にある下を向いたトゲになります。

 

葉はざらざらした感触で、8〜10月にオス花は黄緑色の、
メス花は紫褐色の花を咲かせます。

 

最後はヨモギです。

 

キク科ヨモギ属の多年草になり、高さ60〜120cmの大きさ、
葉の形状がキクに似ており、市街地を始め、堤防、平地、空き地など、
日本全国至るところに生育するたくましい山野草になります。

 

飛散時期は、8〜10月です。

 

夏の暑い季節から秋にかけて、目立たない花を咲かせます。

 

古くから薬草、食材としても利用されてきたヨモギですが、
ヨモギから飛散した花粉が原因となるヨモギ花粉症患者数は、
現在、増加の傾向にあるとのことです。

 


花粉症と雑草の関係

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。