花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

犬も花粉症になることはありますか?

 

花粉症は人間だけの症状ではありません。

 

実は、犬も花粉症にかかることをご存知でしたか?

 

犬の症状は、私達人間とは少し異なります。

 

私達人間は、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、
目の痒み等が一般的な症状になります。

 

犬の場合は、人間とは異なり、鼻水、鼻づまり、
くしゃみ等が発生することは少なく、
主に皮膚の痒み、外耳炎、涙が出る症状が多いとのことです。

 

犬の花粉症の原因と言われる花粉は、
スギ花粉だとされています。

 

ですが、昨今は、ヒノキ、ヨモギ、シラカンバ等、
人間と同様、様々な花粉が原因となっており、
散歩中に飛散する犬も少なくありません。

 

花粉症を予防するには、
散歩に出かけないことがもっとも効果的です。

 

ですが、散歩の習慣のある犬には、
ただストレスを溜めるだけになるかもしれませんので、
おすすめできません。

 

皮膚への花粉の付着を防ぐには、
散歩から帰った後、ブラッシングを念入りに行うことです。

 

犬の毛、皮膚に付着した花粉を取り払うことで、
花粉症を予防してあげましょう。

 

また、散歩の時間帯を変更できる人は、
花粉の飛散量が多いとされる朝5時からお昼、
夕方5時前後、風の強い日、雨が降る前、
降った翌日はなるべく避けることをおすすめします。

 

ちなみに、犬以外にも、猫、フェレット、サル等も
花粉症にかかる可能性があるとのことです。

 

飼われているペットに何かしらの症状が発生した時は、
早めに獣医の診察を受け、症状を和らげてあげることが大切です。

 

犬等の動物は、私達人間と違い、
言葉が話せません。

 

表情、症状を十分に確認し、
気を使ってあげることをおすすめします。

 


犬も花粉症になることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。