花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症の人でも使えるベッドはありますか?

 

花粉症の症状を少しでも軽減するためには、
家の中に花粉を持ち込まないことです。

 

外出先から帰宅したら、まず玄関ドアを開ける前に洋服や髪、
バッグ等に付着した花粉をできるだけ振り払いましょう。

 

家の中に入ったら、髪と顔に付着した花粉を落とすためにも、
入浴、もしくはシャワーを浴びて、
体に付着した花粉を落とすことをおすすめします。

 

ただ、どんなに注意していても、
花粉は部屋のどこかにゆっくりと落ち、
積もっていきます。

 

床がフローリングであれば、
掃除機をかけることで
ある程度の花粉を掃除することができます。

 

でも畳もしくは絨毯、ラグ、カーペットを使用されている人は、
一生懸命に掃除機をかけても、
全ての花粉を掃除することはできません。

 

花粉症の症状を少しでも和らげたい人は、
床にカーペットやラグ、絨毯を敷くことは避け、
畳、フローリングのままで使用しましょう。

 

それから、就寝時、花粉の吸いこみを避けるために、
ベッドで休むことをおすすめします。

 

フローリング、畳に布団を敷いて眠る方が
背中をまっすぐに伸ばすことができるために、
腰痛に効果的だ、ベッドのマットレスと違い、
ぐっすりと寝られるとの意見も多々ありますが、
花粉症の人には危険です。

 

当たり前のことですが、
家の中に入り込んだ花粉は徐々に床に積もります。

 

床に近いほど、花粉を吸いこみやすくなりますので、
花粉症の症状を和らげたい人は、
ベッドを用意されることをおすすめします。

 

ちなみに、予算に余裕がある時は、
二段ベッド、ロフトベッド等の
高い位置で寝られるタイプを選ぶことをおすすめします。

 


花粉症の人でも使えるベッドはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。