花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

政府が花粉症対策としてスギを伐採するのは本当ですか?

 

年々急激に増えている花粉症患者。

 

今や、国民の4人に1人が
花粉症に苦しんでいると言われています。

 

その国民病とも言える花粉症に対し、
我が国の総理大臣は、
参議院予算委員会にて質疑があり、
「社会的にも、経済的にも、
大きな影響を与えている」と指摘しました。

 

実は、総理も過去に花粉症で
苦しんだことのある花粉症患者であります。

 

その経験から、花粉症患者の症状を緩和させるべく、
国を挙げての花粉症対策に
目を向けたのではないでしょうか?

 

また、花粉の飛散を防ぐために、
花粉症の原因となっているスギを伐採し、
花粉の少ない苗木の植え替えを政府として支援すると言及し、
花粉症対策を早期に進める考えを示したとのことです。

 

花粉症の症状には、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、
目の痒みといった代表的な4大症状がありますが、
それだけではありません。

 

それらの症状に伴う頭痛や倦怠感、だるさ、
胃腸障害、睡眠障害等の二次災害的な症状もあります。

 

そのため、仕事、生活に支障を来し、
生活のリズムが乱れてしまう人も少なくありません。

 

また、花粉症の症状によって、
各個人の持つ能力を発揮できない人が居るだけでなく、
花粉の飛散を避けるため、外出を控えるあまり、
旅行シーズンに観光客が集客できない等の経済的影響を受け、
日本全体が不景気の風にさらされることにもなりかねません。

 

これらのマイナス面を考慮し、総理は2017年度までに、
花粉の少ない苗木1000万本の植え替えを目標とし、
国がその費用の一部を支援するとのこと。

 

ちなみに、花粉症によるアレルギー性鼻炎は、
生産性を4%引き下げるとのことです。

 


政府が花粉症対策としてスギを伐採するのは本当ですか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。