花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症と臓器の関係

 

花粉症の症状には、鼻水をはじめ、鼻づまり、
くしゃみ、、目の痒みや頭痛などがあります。

 

これらの症状は、人それぞれ。

 

その人それぞれの症状が、その方が一年間の間に酷使した臓器と
深い関係があることをご存知でしょうか?

 

例えば、目の痒みがある方は、肝臓に負担をかけており、
肝臓が弱っている人に出る症状です。

 

くしゃみがある方は、腎臓が弱っており、
鼻水は肺、体全身に痒みがある方は食べ過ぎだそうです。

 

”食べ過ぎ花粉症”なる言葉もあるとのことです。

 

私達の体にある様々な臓器は、
温めることで活発に働かせることができます。

 

血流の流れが悪くなると、体が冷え、肩こりや腰痛などを発症し、
疲労回復が遅くなります。

 

体を温めると、血行が促進され、
免疫力もアップし、疲労回復が早くなります。

 

ちなみに、花粉症の症状を緩和するには、
脇腹を温めることです!

 

脇腹をさすったり、使い捨てカイロを使用するなどの方法で、
脇腹を温めることにより、鼻水や鼻づまり、
くしゃみなどの症状が緩和されるとのことです。

 

また、その場でできる腰をひねるだけの
ツイスト運動もおすすめです。

 

ツイスト運動を簡単に説明しますと、
両腕を左右に振って腰をひねります。

 

この運動は、腕、肩、背中の筋肉を和らげる効果と、
呼吸を整える効果、胸郭がゆるめることにより、
深い呼吸ができる効果があるのです。

 

深い呼吸を行うことで、臓器が活発に働き、
花粉症などのアレルギーに打ち勝つ体質を作ることができます。

 

浅い呼吸は猫背になるやすく、
臓器に負担をかける恐れがあります(><)

 

臓器を守るためにも、自然に深い呼吸ができるよう、
日ごろから練習しておくことをおすすめします。

 


花粉症と臓器の関係

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。