花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症を公害病として訴訟することはできますか?

 

年々増加傾向にある花粉症。

 

今や、4人に1人が花粉症にかかっていると
言われる時代となっています。

 

そんな国民病とも言われる花粉症を公害病として、
訴訟を起こすことはできるのでしょうか?

 

ある弁護士のアドバイスでは、
訴訟を起こすには2つの考え方があるとのことです。

 

一つ目は、日本の植林行為に関する原因、
問題点を訴えることです。

 

戦後、日本国内の復興を急ぐあまり、
全国各地の木々を伐採し、あちこちに道路を作り、
鉄道を走らせました。

 

ですが、山から流れ出した雨水は、
人々の集落を直撃!

 

遮る木々をなくした山は雨が降るたび、
大洪水を引き起こし、人々を苦しめました。

 

その状況を見て驚愕した政府は、
再びスギ、ヒノキの植林に力を注ぎます。

 

安易に植林したスギ、ヒノキがあちこちに花粉をまき散らし、
その結果、花粉症を発生させたのです。

 

二つ目は、政府が花粉症対策を
積極的に行わない点を訴えることです。

 

国民病と呼ばれるほどの花粉症に対し、
政府は今もってまだ何の対策もとっていません。

 

その点を訴えてみてはどうかと、
指摘されているのです。

 

例えば、長年花粉症に苦しむ患者に対し、
窓口での支払いを免除する。

 

また、花粉の時期が来る前に、
花粉が飛散しないよう、体に悪影響のない薬を
木々に付着する等の何らかの対策を行う。

 

マスクや花粉メガネ等の対策アイテムを
子供たちの分だけでも無料で支給する等。

 

政府は、花粉症患者にアンケートをとり、
どんなサービスがあれば嬉しいか、
希望するサービスは何か等、
直接声を聞く努力をする必要があるのではないでしょうか?

 


花粉症を公害病として訴訟することはできますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。