花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症から副鼻腔炎になることはありますか?

 

鼻のまわりには、副鼻腔という
空洞があることをご存知でしょうか?

 

この副鼻腔が炎症を起こすと、
よく耳にする副鼻腔炎になってしまうのです。

 

ちなみに、副鼻腔炎には突然発生する急性副鼻腔炎と、
炎症が長期化してしまったものの慢性副鼻腔炎の2種類があり、
蓄膿症とも呼ばれています。

 

副鼻腔炎の主な症状は、鼻水、鼻づまりの他、
粘性のある黄色い色をした鼻水が出ることが特徴的です。

 

また、鼻が詰まっているために息苦しい、不快な臭いがする、
頬や目の周りに痛みを感じる、食べ物のにおいを感じない、
頭痛がある、鼻から喉へかけて痛みが続く等の症状があるとのことです。

 

これらの症状を実感した時は、
早めに医師の診察を受けましょう。

 

花粉症だからと安易に考え、
副鼻腔炎の症状を放置してしまっては、
合併症を引き起こし、体への負担を重くすることもあります。

 

少しでも気になる症状を感じた時は、
早めに耳鼻科へ行き、診察を受けることをおすすめします。

 

最後に、副鼻腔炎の予防法についてです。

 

帰宅したらすぐ鼻うがいを行うことです。

 

それから、風邪、花粉症の症状がある人は、
それらの症状を悪化させないことが重要です。

 

悪化させないコツは4つあります。

 

  1. 処方された薬は医師の指示に従い用法を守って服用すること。
  2.  

  3. 鼻腔内は、皮膚に優しいティッシュペーパーを使用し清潔に保つこと。
  4.  

  5. 鼻水が鼻腔内に入らないように、必ずかんで外へ出すこと。
  6.  

  7. 栄養バランスの取れた食事を心がけ、免疫力を高めること。

 

副鼻腔炎は、仕事や生活に支障を来す恐れがあります。

 

早めの受診を強くおすすめします。

 


花粉症から副鼻腔炎になることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。