花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症と副交感神経の関係

 

花粉症と自律神経には、大きな関係があります。

 

自律神経を鍛えると、
花粉症対策になると耳にしたことはありませんか?

 

花粉症の症状が酷くなると、
ほとんどの方が病院で処方された薬や
ドラッグストア・薬局などで購入した薬を服用し、
薬に頼る毎日が続きます。

 

ですが、処方された薬との相性が悪い場合、
また、効果の強い薬は何らかの副作用を生じるだけでなく、
胃や腸に大きな負担をかけ、免疫力低下につながります。

 

免疫力低下は、アレルギー疾患を
発症させる原因になるため注意が必要です。

 

では、花粉症などのアレルギー疾患の原因となる
自律神経について考えてみましょう。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経の
2種類があることをご存知でしょうか?

 

交感神経は、主に昼間に活発な動きをします。

 

自律神経には血管収縮、血圧上昇、心拍数増加、
消化器官を活発にするなどの作用があります。

 

ですが、自律神経が活発に働き過ぎると、
活性酸素を発生させ、血行不良を招きます。

 

続いて、副交感神経についてですが、
こちらは主に夕方から夜にかけて活発になる神経になります。

 

心臓の動きを緩やかにする、血管を広げて血行促進、
胃腸の消化をサポートするなどの働きがあり、
体をリラックスさせる効果を持っています。

 

花粉症などのアレルギー疾患を予防するには、
この副交感神経を優位にしなければなりません。

 

優位にすることで、自律神経のバランスが取れ、
免疫力をアップさせることができるのです。

 

ちなみに、副交感神経を優位にするには、
適度な運動を定期的に行い、腸内環境を整えることです。

 

それから、食事をする際には、
よく噛んでゆっくりと食べることです。

 

実は、食事をすることで、
副交感神経を優位にすることができるとのことです。

 


花粉症と副交感神経の関係

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。