花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症が重症化するとどうなりますか?

 

花粉症が正式な症状であり、病気であると認められたのは、
1980年代後半になります。

 

それまでは、アレルギー性鼻炎、
アレルギー性結膜炎と診断されていたとのことです。

 

ですので、アレルギー性鼻炎は耳鼻科にて、
アレルギー性結膜炎は眼科でなければ、
鼻炎薬、目薬といった薬は処方されなかったのです。

 

今では、花粉症としての診断が可能になりましたので、
耳鼻科でも目薬を処方してもらうことが可能になっています。

 

花粉症の症状には個人差があり、
症状が軽い人、重い人それぞれです。

 

ですが、花粉症の症状を軽く考えてはいけません。

 

症状が悪化すると、慢性鼻炎を始め、気管支ぜんそく、
角膜を傷つけ失明する恐れがあるとのことです。

 

また、鼻水、鼻づまり、目の痒み等で
睡眠障害を発生することもあります。

 

睡眠障害は、免疫力低下につながるだけでなく、
仕事や生活に支障を来すことも少なくありません。

 

特に運転業務等の集中力が必要な業務に就いている人にとっては、
睡眠不足は大敵です。

 

我慢できる症状だから、花粉症薬を服用すると眠くなるので等の理由により、
適切な薬の服用、治療を怠った場合、知らず知らずのうちに症状が悪化し、
その悪化によって体調を崩す可能性もあることを知っておきましょう。

 

花粉症の症状に気づいた時は、
早めに医師の診察を受けることが大切です。

 

医師に処方してもらった薬で思うような効果が得られない場合は医師に相談し、
他の薬を検討してもらうか、セカンドオピニオンを考えましょう。

 

早期発見、早期治療がカギ!

 

花粉症の症状を楽にする近道になります。

 

信頼のおける医師を探し、
早めに治療を開始されることをおすすめします。

 


花粉症が重症化するとどうなりますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。