花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症が人に移ることはありますか?

 

花粉症には、鼻水、鼻づまりの鼻に関する症状、
目の痒みや充血等の目に関する症状、
くしゃみ等の喉に関する症状等があります。

 

風邪と似た症状も多く、
風邪と間違える人も少なくありません。

 

風邪と花粉症の根本的な違いは、
人に移るか移らないかにあります。

 

風邪は人に移る可能性が高いため、
風邪で寝込んでいる人のお見舞いに行く時は、
それ相応の覚悟が必要になります。

 

ですが、花粉症は、鼻水、鼻づまり、
くしゃみ等の症状があっても人に移ることはありません。

 

その理由は、花粉症はアレルギー症状の一つになり
病気ではないからです。

 

風邪と違い、アレルギーは人から人へ感染する恐れがありませんので、
お見舞いに行っても、移る心配をする必要は全くありません。

 

ただし、アレルギーは遺伝により、
アレルギー体質を引き継ぐ場合があります。

 

この場合に関しては、花粉症なる可能性が高くなるため、
注意が必要になります。

 

花粉症は花粉が体に侵入、
付着することによって発生します。

 

もし不幸にも、アレルギー体質を引き継いでいれば、
早かれ遅かれ花粉症になる可能性があるとのことです。

 

ですが、花粉症は誰にでも発生する恐れがあるため、
遺伝体質だからと悲観することはありません。

 

最後に、あるお母さまからの質問を紹介します。

 

夏にプールに入る授業があり、結膜炎だったので、
他の子どもさんへの影響を考え、
その授業がお休みしました。

 

プールに入っても、
他の子どもさんへの影響はないのでしょうか?

 

答えは、アレルギーによる結膜炎は、
他の子どもへは感染しませんので問題ありません。

 

ただ、プールには消毒液等の薬剤を使用しており、
その薬剤が目に悪影響を及ぼす恐れがあるので、
お休みした方が良いかもしれません。

 


花粉症が人に移ることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。