花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

コンタクトでも使える花粉症用目薬はありますか?

 

花粉症の症状の中でも、鼻水、鼻づまりに関しては
マスクを着用する等の対策を行うことで隠すことができます。

 

ですが、目の痒み、充血に関しては、
すべてをカバーすることはできません。

 

昨今、花粉用メガネが多数販売されていますが、
その花粉用メガネを使用しても、
100%確実に花粉の侵入、付着を防ぐことはできません。

 

目の痒み、充血を防ぐには、
目薬がもっとも最適な改善法になります。

 

ですが、コンタクトレンズを使用されている人にとっては、
ただの無用なものとなることもあります。

 

花粉症の症状である目の痒み、
充血等に使用できない目薬もあることをご存知でしょうか?

 

コンタクトレンズが目の乾き、涙、充血、
結膜炎等の原因となることも少なくありません。

 

涙は目の乾燥を防いでくれますが、
コンタクトレンズを目に装着していると、
涙がうまく循環せずに乾燥がちになり、
花粉が付着しやすくなるとのことです。

 

ちなみに、花粉症用目薬には、
ロート製薬から販売されている
“ロートアルガード コンタクトa”があります。

 

こちらの目薬は、ハードレンズでもソフトレンズでもOK!

 

どちらのタイプにも使用できるとのことです。

 

それから、もう一つあります。

 

“ロートCキューブプラス ビタフレッシュ”です。

 

刺激の少ないタイプになりますので、
目薬が苦手な人にもおすすめのタイプになります。

 

最後は、ライオンから販売されている
“スマイルコンタクト AL−W”です。

 

こちらは、コンタクト用目薬と記載されており、
目の痒み、炎症を抑える効果があり、
マイルドタイプとクールタイプの2種類から選べます。

 

まだお試しでない場合は、一度試してみてはいかがでしょうか?

 


コンタクトでも使える花粉症用目薬はありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。