花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

切り花で花粉症の症状が出ることはありますか?

 

花粉症は4人に1人がかかっていると言われている現代病です。

 

そんな花粉症は中国の黄砂が原因なのでは?

 

または、中国にある工場から吐き出される化学物質が
アレルギーの原因なのでは?

 

などなど、様々な憶測が語られています。

 

ですが、部屋に飾る切り花からも、
花粉症になる恐れがあると言われています。

 

花粉症の原因になる樹木、植物と言えば、
スギ、ヒノキ、ブタクサ、イネ、ヨモギ等が挙げられます。

 

ですが、スギだけに反応する人もいれば、
スギに反応したせいでアレルギー体質となり、
連鎖的に他の植物に反応するようになったという人も少なくありません。

 

切り花なのになぜ?
と思われる人は居ないでしょう。

 

確かに植物には花を咲かせるものと咲かせないものがあります。

 

花粉症の症状を発生させる花は、
風が花粉を運ぶものに限られますので、
花を咲かせるものになります。

 

ですが、花屋さんに聞いたところ、
一年を通じて売れているキクには注意が必要とのことです。

 

キクは虫媒花です。

 

花粉症の原因にはならない花の一つですが、
花粉症の症状が発生したとの報告がされています。

 

なぜ、虫媒花のキクで、くしゃみ等の花粉症の症状が発生したのか?

 

その理由は、キクではなく、虫を避けるために使用する
農薬に原因があるとのことです。

 

綺麗に花を咲かせ、少しでも綺麗な状態を保つためには、
ある程度の農薬は欠かせません。

 

ですが、この農薬が体の中に侵入し、
アレルギー反応を引き起こすのです。

 

それから、もう一つ原因がある花として胡蝶蘭もあります。

 

実は胡蝶蘭にもアレルギー反応を起こす原因があります。

 

花屋さんで買った胡蝶蘭を部屋に飾ったせいで、
花粉症の症状が発生した人がいらっしゃいます。

 

花粉症の人は、切り花にも、
十分に気をつけることをおすすめします。

 


切り花で花粉症の症状が出ることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。