花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で目の充血を治すにはどうすればいいですか?

 

花粉症の症状の一つに、目の充血があります。

 

目の充血とは、目の表面に花粉が付着して、
結膜炎を発生している状態を言います。

 

花粉症の目の三大症状は、痒み、充血、涙になります。

 

目の痒みは、目の表面に花粉が付着して起こります。

 

目だけでなく、まぶたにも痒みが起こるため、
厄介な症状であると言えます。

 

痒みを我慢できず、強くかいたり、こすったり・・・

 

結果、角膜を傷つけ、更に痒みが増し、
症状が長引き、悪化する恐れがあり、注意が必要です。

 

充血も痒み同様、目の表面に花粉が付着することで起こります。

 

ちなみに、充血には、結膜が赤くなる結膜充血と
角膜が赤くなる毛様充血の2種類があります。

 

最後は、涙ですが目に花粉が付着することによって、
アレルギー反応が発生し、
目の痒みとともに涙が出る症状を言います。

 

花粉は、涙が出ることにより、洗い流されるので、
痒みや充血に比べ、症状は軽いという特徴があります。

 

これらの症状の改善法についてですが、
目の痒み、充血には、まず、目を冷やすことです。

 

冷たいタオルを目に当てて数分。

 

もしくは、ビニール袋に氷数個を入れ
タオルに包んだものを目に当てて数分。

 

氷が調達できない場合は保冷剤を使用しても問題ありません。

 

とにかく目を冷やすこと!

 

冷やすことによって、
目の痒みや炎症を鎮めること。

 

これに尽きます。

 

目薬を使用する場合は、
抗炎症作用のある目薬をおすすめします。

 

ただ、その選んだ目薬を数日使用しても症状が改善しない場合は、
目薬の使用を中止しましょう。

 

悪化させてしまうと、しばらく目を開くことができない等、
生活に支障を来す恐れがありますので、
早めに診察を受けることをおすすめします。

 


花粉症で目の充血を治すにはどうすればいいですか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。