花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症皮膚炎とは何ですか?

 

花粉症皮膚炎という病名をお聞きになったことはありますか?

 

花粉が飛散する時期になると、
花粉が付着しやすい頬や額、目のまわり等に
痒みを感じる人がいらっしゃいます。

 

この痒みが花粉症皮膚炎の症状になります。

 

花粉症皮膚炎にかかりやすい季節は2月です。

 

2月は寒いだけでなく、空気も乾燥しています。

 

この乾燥が肌のバリア機能を弱くし、
アレルギー反応を発生させるのです。

 

弱くなったバリア機能は、外気からの刺激を受け入れやすく、
肌に様々なダメージを残します。

 

その一つが、肌の痒みなのです。

 

花粉症皮膚炎の症状は、
カサカサした乾燥肌になるのが最大の特徴です。

 

頬、まぶたやあご、目のまわり、首にかけて、
痒み、または赤みが発生します。

 

カサカサした乾燥肌にいつも通りのスキンケアを行うと、
化粧水や美容液が肌にしみ、痛く感じることがあります。

 

いくら天然成分配合のスキンケア化粧品を使用していても、
肌にしみてはケアをする意味がありません。

 

肌荒れが悪化しないうちに、早めに医師を訪ねましょう。

 

悪化させないコツは、帰宅後すぐ洗顔を行い、
肌に付着した花粉をスッキリ洗い流すことです。

 

間違っても石油系界面活性剤配合の洗顔は使用しないこと!

 

天然成分配合の固形石けんを泡立てネットで泡立て、
丁寧に洗顔を行いましょう。

 

洗顔後は、ワセリンなどの天然成分配合の保湿剤で、
肌を保護することをお忘れなく。

 

少しでも早く治したい人には、
医師が処方してくれるステロイド剤がおすすめです。

 

ステロイド剤配合の保湿剤、クリームを塗ることで、
肌荒れ悪化を防ぐことができるとのことです。

 


花粉症皮膚炎とは何ですか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。