花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症の薬で太ることはありますか?

 

花粉症で太る?!

 

昨今、花粉症は4人に1人が
かかっていると言われる現代病の一つとなっています。

 

その花粉症が原因で、
太る人が増えているというわけではありません。

 

実は、花粉症薬である抗ヒスタミン剤には、
体重増加につながる食欲増進作用があり、
副作用として報告されているのです。

 

ちなみに、抗うつ剤にも体重増加の副作用の
報告がされているとのことです。

 

あなたが服用されている
抗ヒスタミン剤のパッケージを確認してみて下さい。

 

項目名、効果の他に副作用として、
食欲増進作用という記載はありませんか?

 

医師からの処方で薬をもらっている人は、
医師、または薬剤師に体重増加の副作用があるか否かを確認してみましょう。

 

体重増加の副作用が気になる人は、医師に相談し、
食欲増進作用の少ないものを処方してもらうことをおすすめします。

 

ただ、抗ヒスタミン剤を服用していても、
体重増加の副作用がない人もいらっしゃいます。

 

それは、ストレスを抱えていない人、
もしくはストレスに強いタイプの人が実感しにくいようです。

 

反対に顕著に体重増加の副作用が発生する人は、
強いストレスを抱えている、
または、ストレスに弱い人が多いとのことです。

 

では、最後に体重増加の副作用が報告されている
市販薬を紹介したいと思います。

 

それは、エバステル錠になります。

 

こちらの薬の発生率は、数値で言えば0.1%未満です。

 

ザイザル錠、ジルテック錠は頻度不明との報告となっているのに比べ、
エバステル錠に関しては、きちんとした数値が出ていました。

 

体重増加の副作用が気になる人は、
避けた方が賢明かもしれません。

 


花粉症の薬で太ることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。