花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症でドライアイになることはありますか?

 

ドライアイは、パソコンやスマホ、テレビ等による
目の疲れが大きな原因だと言われています。

 

症状には、目の疲れや痛み、目やに、目の乾き、
充血、痒みの他、異物感や不快感、涙等があります。

 

ドライアイに悩む人が増加しているおかげか、
近年、ドライアイの研究は進んでいます。

 

そして、新しい治療薬の開発をはじめ、
検査法やメカニズムも目覚ましい進化を遂げているとのことです。

 

ちなみに、ドライアイの症状の一つに涙がありますが、
ドライアイなのに、涙が出るわけない?!

 

そう感じる人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は、ドライアイは、角膜の表面が乾き、
一過性ですが、大量の涙が出ます。

 

この症状は、花粉症で涙が出る場合と似ています。

 

ドライアイか花粉症か、もしくは、コンタクトレンズや
眼鏡の度数が合っていない場合等、原因に悩む人も少なくありません。

 

また、ドライアイは、そのまま放置すれば、
眼精疲労、視力低下の原因になります。

 

その他、肩こりや腰痛、スティーブンス・ジョンソン症候群や
シェーグレン症候群等の全身性疾患、
緑内障や白内障等につながる疾患になる恐れがあります。

 

定期的な検診を受けることが最適な予防です。

 

また、目に何らかの異常を感じた時は、
早めに診察を受け、適切な治療を行うようおすすめします。

 

さて、そのドライアイですが、
花粉症からドライアイになる可能性があることがご存知でしょうか?

 

花粉が体内に侵入すると、アレルギー反応が発生します。

 

そのアレルギー反応が強く発生すると、涙の成分が大量に消費され、
ドライアイになりやすくなるとのことです。

 


花粉症でドライアイになることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。