花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症と水毒の関係

 

花粉症の症状である鼻水、くしゃみなど、
水に関する代謝異常を漢方では「水毒」と言います。

 

「水毒」には、分泌異常と停滞の2種類の症状があり、
分泌異常には、鼻汁や帯下、喀痰、浸出液などが、
停滞には、胸水、腹水、浮腫や関節液の貯瘤などがあります。

 

鼻水やくしゃみなどの症状には、
麻黄を含む漢方薬が利用されます。

 

アレルギー性鼻炎には、小青竜湯が
もっとも一般的に処方される漢方薬となっています。

 

小青竜湯には、冷えに効果があるとされる
乾姜という生薬が配合されているため、
手足、背中などに冷えの症状があり、
鼻水、くしゃみの症状がある方には、
最適な漢方薬と言えるでしょう。

 

また、鼻水、くしゃみの症状の他、
不整脈、強い冷えを感じる方には、麻黄附子細辛湯を、
胃腸の弱い方には、苓甘姜味辛夏仁湯がおすすめです。

 

ちなみに、花粉症の薬には、抗ヒスタミン剤が有名ですが、
抗ヒスタミン剤には、眠気、だるさなどの副作用があることをご存知でしょうか?

 

車や機械の運転業務、長時間の勤務などがある方は、
服用する時間に注意が必要ですが、
漢方薬ならば、そんな危険性は皆無です。

 

漢方薬には、医師から処方される薬のような即効性はありませんが、
体への負担が少なく、副作用がないため、
腎臓などの臓器を傷める心配はありません。

 

花粉症の症状が酷くなる季節は早春です。

 

春冷えなる言葉がある通り、
春先は冷えを感じる方も少なくありません。

 

のぼせ、喉の渇きに苦しむのも、春先ではありませんか?

 

喉の乾くまま水分を摂っていると、胃や体を冷やすだけでなく、
その水分が鼻水やくしゃみになることも(><)

 

小青竜湯、麻黄附子細辛湯などの漢方薬を用いて、
体の中から「水毒」を防いでみてはいかがでしょうか?

 


花粉症と水毒の関係

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。