花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で気管支炎のような症状が出ることはありますか?

 

花粉症の症状には、鼻水、鼻づまり、
くしゃみ、目の痒みが代表的な症状となります。

 

花粉症の症状を改善するには、医師から処方された薬、
もしくは、市販薬でも問題ありませんが、
体に合うことが、最低限の条件となります。

 

体に合えば、つらい症状も和らぎ、
強いストレスを抱えることもありません。

 

ですが、体に合う薬がなかなか見つからない場合は、
花粉症の症状で強いストレスを抱え、
睡眠不足や気管支炎等の二次的被害を受ける人も少なくありません。

 

睡眠不足に陥る最大の原因は、
鼻水、鼻づまりにあります。

 

気管支炎になる原因は、鼻水、鼻づまりの他、
くしゃみ、咳、鼻がつまることによる
口呼吸からの喉の炎症等にあるとのことです。

 

私達人間は、鼻がつまると、
口で呼吸をしなければなりません。

 

口呼吸は口を開けた状態で眠ることになるため、
喉に炎症を起こしやすくなります。

 

喉の炎症は、食欲にも影響を与えます。

 

私達は口から摂取した栄養で疲労を回復し、
様々な臓器の働きを助けます。

 

ですが、栄養を摂取すべき重要な役割を持つ喉に炎症を起こすと、
食欲不振を招く恐れもあります。

 

また、喉の炎症が、喉から奥にある気管支にも悪影響を及ぼしてしまい、
気管支炎なる病気まで発症させてしまうとのことです。

 

気管支炎になった時は、気管支の炎症の悪化を少しでも抑えるために、
まず、早急に鼻づまりを解消し、医師の診察を受けることをおすすめします。

 

ちなみに、気管支炎と風邪の症状の見分け方についてですが、
長く咳が続き、タンがからむような咳がある場合は気管支炎を疑えとのことです。

 


花粉症で気管支炎のような症状が出ることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。