花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で疲れやすくなることはありますか?

 

花粉症になると、集中力が低下したり、
ぐっすり眠ることができない方がおられます。

 

また、症状がひどく仕事・学校を休んだ、
食欲不振、入浴する元気がなくなる等があり、
生活に支障を来す人も少なくありません。

 

生活に支障を来すと、仕事に迷惑をかけるだけでなく、
体への影響も大きく、疲れが抜けない、疲れがたまる等、
疲労回復にも悪影響を及ぼし、体力を奪います。

 

私達の体は個人差はありますが、
それぞれにある一定のリズムを持っています。

 

例えば、毎朝6時に起床し、朝食を食べ、
7時に会社へ向かうことを習慣にされている人が、
花粉症のために疲れが抜けず、朝6時に起きられず・・・

 

仮に7時まで眠ってしまったとなれば、
お急ぎで用意をして会社へ向かわなければなりません。

 

それだけで、疲れは倍増!

 

その夜、ぐっすりと眠ることができれば、
疲れを翌朝に持ち越す不安はありません。

 

ですが、鼻水や鼻づまり等の症状で
ぐっすり眠ることができなければ、疲れはたまる一方です。

 

「花粉の季節は、何だか疲れやすくて」

 

これは、花粉症の症状による睡眠不足が原因です。

 

夜、なかなか寝付けない。

 

朝になってもぐったりしている。

 

やる気が起きない。

 

足が重く感じる。

 

これらの症状を感じた時は、
早めに医師の診察を受けることです。

 

また、花粉症になると症状に合わせた内服薬を
処方してもらう人が多いと思います。

 

ですが、実は、花粉症薬の中には、
眠気や倦怠感等の副作用を感じさせる薬も少なくありません。

 

特に眠気に関しては要注意です。

 

集中力が必要な仕事、
運転業務等に従事されている人は、
医師と相談の上になりますが、
服用する時間を選び服用されることをおすすめします。

 


花粉症で疲れやすくなることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。