花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症でデリケートゾーンがかゆくなることはありますか?

 

花粉症になると、体の至る場所が
かゆくなるという人がいらっしゃいます。

 

女性であればデリケートゾーンもかゆくなるらしいです。

 

そのかゆみが原因で炎症を起こし、
婦人科に通うのか、皮膚科に通うのか、
迷う人も少なくないとのことです。

 

なぜ、デリケートゾーンまで、
かゆくなるのでしょうか?

 

まず、一つは生理用品のかぶれによるものです。

 

ナプキンが肌に合わず、デリケートゾーンに
ストレスを感じることによって、かゆみが発生する場合です。

 

紙製のナプキンでかぶれる場合は、
肌に優しい布ナプキンを使用してみてはいかがでしょうか?

 

続いて花粉症薬の副作用によるものです。

 

花粉症になると、ほとんどの人が医師からの薬や、
市販薬を購入し服用されると思います。

 

薬が体質に合わない場合、副作用の一つとして、
体全体にかゆみが発生する人がいらっしゃるとのことです。

 

特に、敏感肌や肌に弱い人は要注意です。

 

次に、ホルモンバランスによるものです。

 

生理期間中は通常の時と違い、
ホルモンバランスを乱す恐れがあります。

 

原因はストレスと生活習慣の乱れになります。

 

生理時にかゆみを感じる時は、
ホルモンバランスが原因とのことです。

 

最後は、入浴時の洗浄の仕方によるものです。

 

デリケートゾーンは、ごしごしと強い力で
洗ってはいけないとのことです。

 

特に、乾燥の原因となる強い洗浄力を持った
ボディソープやナイロン製のスポンジタオル、
ポリエステル繊維でできたタオルで
ごしごしと洗っている人は要注意です。

 

タオルは肌に優しい木綿素材に変え、
肌に優しい植物成分配合のボディソープ、
もしくは、固形石けんに変えることをおすすめします。

 


花粉症でデリケートゾーンがかゆくなることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。