花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で口内炎になることはありますか?

 

花粉症で口内炎になることがあるらしい?!

 

お聞きになったことはありますか?

 

口内炎と一口に言ってもいくつかの種類があります。

 

代表的なものとしてはヘルペス性口内炎です。

 

その他には、アフタ性口内炎、カタル性口内炎、
カンジダ性口内炎が有名です。

 

まず、ヘルペス性口内炎についてですが、
ウイルス性口内炎の一種になります。

 

ウイルス性には、その他にも手足口病、
ヘルパンギーナがあります。

 

ヘルペス性口内炎は、単純ヘルペスウイルスによって
感染することが知られています。

 

生後6ヶ月から3歳くらいまでの乳幼児に多くみられ、
口の中に小さめの水疱ができることが大きな特徴です。

 

その水泡が食べ物等の刺激によって破れ、
口内炎の症状を発生します。

 

口の中だけでなく、唇や口の周りにも発疹がみられます。

 

その発疹により、発熱、痛みによる食欲不振、
リンパ節の腫れ、強い口臭等を伴います。

 

続いてアフタ性口内炎についてです。

 

こちらも比較的多くみられる口内炎になります。

 

食べ物等による接触性刺激によって痛み、炎症を発生します。

 

通常は、1〜2週間で自然に治癒するとのことです。

 

最後は、花粉症に関係のあるカンジタ性口内炎についてです。

 

カンジダ性口内炎は、花粉症等で免疫力が低下した人に
発生しやすい口内炎になります。

 

高齢者の人はもちろん、体力のない乳幼児に
比較的発生しやすい口内炎になります。

 

口中には、カンジダ菌という
カビの一種が常駐していることをご存知でしょうか?

 

このカンジタ菌のバランスが乱れ、
異常に増殖することによりひりひりした痛み、
炎症を引き起します。

 

早急に医師の診察を受けることをおすすめします。

 


花粉症で口内炎になることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。