花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で悪寒がすることはありますか?

 

花粉症なのに寒気がする。

 

こんな経験はありますか?

 

花粉症の症状と言えば、鼻水、鼻づまり、
くしゃみ、目の痒みが有名ですが、
実はそれだけではありません。

 

風邪の症状と似た症状が出る場合があるらしく、
初めて花粉症になった人は、
その寒気を風邪から発生するものとして勘違いし、
風邪薬を服用してしまう人も少なくありません。

 

なぜ、花粉症で寒気を感じることがあるのでしょうか?

 

ある医師の説によれば、花粉症で寒気がする理由は、
風邪で寒気を感じるメカニズムと同じであるとおっしゃいます。

 

風邪を引いた時に寒気を感じるのは、
体の中に侵入したウイルスを退治しようとして
体温を高くするために寒気を感じると言われています。

 

体の中で作られた熱によってウイルスを退治しようとするため、
体の一番外側にある皮膚近くまで、その熱が届きません。

 

結果、皮膚近くの体温が下がるために寒気を感じるのです。

 

ちなみに、風邪ウイルスは、
38℃以上で活動しなくなるとのことです。

 

花粉症等のアレルギー症状で寒気を感じる理由は2つあります。

 

1つは自律神経のバランスが乱れることによって熱が出るためです。

 

もう1つは花粉症だけでなく、風邪等他の病気を併発している
恐れがあるためと考えられています。

 

鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目の痒み等、
すべて風邪の症状にも当てはまる症状になります。

 

花粉症だと思い、花粉症薬を服用しても、
改善の見込みがない人は、早めに医師の診察を受けましょう。

 

花粉症だけでなく、他の病気から発生した症状かもしれません。

 

素人判断で市販薬を服用することは危険です。

 

早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 


花粉症で悪寒がすることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。