花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で腹痛や下痢になることはありますか?

 

花粉症で、腹痛や下痢になることがあるのでしょうか?

 

この問いには、イエスと答えます。

 

実は、花粉症の代表的な症状には、鼻水、鼻づまり、
くしゃみ、目の痒みがあります。

 

しかし、それだけではありません。

 

花粉は鼻や口から侵入してきます。

 

鼻水、鼻づまり、くしゃみ、
目の痒みといった代表的な症状は、
ただ単に、花粉が侵入しやすい部位であるために、
症状が出やすいだけなのです。

 

鼻や口から侵入した花粉は体の中を通り、
肛門まで続く場合があります。

 

私達の体は胃や腸を超え、肛門まで続いています。

 

つまり、鼻や口から侵入した花粉が体の中に侵入することにより、
その花粉が原因となり、腹痛や下痢、
便秘等の症状を発生することも少なくありません。

 

例えば、鼻から侵入した花粉は鼻水により、
胃に侵入した花粉は胃酸によって、
腸にまで侵入した花粉は、腹痛や下痢で
花粉を外にできるだけ排出しようと防衛反応を発生し、
必死に抵抗しているとのことです。

 

花粉症になり、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、
目の痒みに加え、腹痛や下痢の症状を伴う際は、
早めに医師の診察を受けましょう。

 

花粉症からの腹痛、下痢であれば、
そう大きな問題はありません。

 

ですが、強い痛みを伴うもの、急に差し込んで痛む場合等、
腹痛といっても症状は様々です。

 

何かしら他の病気が隠れている恐れがある場合もあります。

 

ですので、素人判断せず、まずは、医師に相談が先決です!

 

また、通常、花粉症の薬を服用していないからといって、
安易な考えで腹痛の市販薬、
下痢止め薬を服用することもおすすめできません。

 

腹痛、下痢が2〜3日続く場合は、
早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 


花粉症で腹痛や下痢になることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。