花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で口の中がかゆくなることはありますか?

 

花粉症になると、口の中がかゆくなることがあります。

 

口の中がかゆくなる原因は、大きく分けて二つあります。

 

まず、一つ目は花粉が口の中に
付着することで発生する口の中のかゆみです。

 

花粉症になると、ほとんどの人がマスクを着用し、
花粉の侵入を防ぎますが、
それでも何かの折に花粉が侵入してしまいます。

 

結果、口の中に花粉が付着し、
かゆくなってしまうのです。

 

もう一つは、口腔アレルギー症候群と呼ばれる症状によるものです。

 

口腔アレルギー症候群は、果物や野菜を食べた後、
口の中、喉の粘膜に発生するアレルギー反応になります。

 

なぜか、花粉症の症状に苦しむ人に多く発生しています。

 

昨今、花粉症患者の増加にあたり、
口腔アレルギー症候群に苦しむ人が増加しているとのことです。

 

その理由は、果物と野菜に含まれているアレルゲンが、
花粉と共通しているからだそうです。

 

原因となる果物、野菜には、リンゴを始め、
オレンジ、キゥイ、桃、さくらんぼ、バナナ、
メロン、トマト、なす等があります。

 

食べた後、10〜15分ほどで口の中にかゆみや
ピリピリとした痛みを感じるとのことです。

 

口腔アレルギー症候群を防ぐには、
これらの果物、野菜を食べないことが
もっとも最適な防御法であり、
発生させないための基本中の基本になります。

 

軽い症状であれば、喉が腫れる程度で治まります。

 

ですが、長く続いた場合、症状が重い場合は、
呼吸困難等のアナフィラキシーショックを発生させる恐れがあり、
危険を伴います。

 

気になることがある人は、かかりつけの医師にその旨を相談し、
適切な治療を受けることをおすすめします。

 


花粉症で口の中がかゆくなることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。