花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で視力が低下することはありますか?

 

花粉症の症状の一つに目の痒み、充血等があります。

 

その症状を改善するには、
目薬等の花粉症薬が必要になります。

 

目を労わるために、目薬を利用されている人も
多いのではないでしょうか?

 

ですが、長期的な利用は、目に負担をかける
恐れもあることを知っておきましょう。

 

目薬には、市販されている目薬と
医師から処方される目薬があります。

 

医師に処方された目薬に関しては、
医師の指示を仰いだ上で適切な使用方法を守れば、
何の心配もありません。

 

ですが、市販されている目薬に関しては注意が必要です。

 

市販薬の使用は全般的に言えることですが、
ついつい自己流で利用してしまう方もおられるでしょう。

 

パッケージに1日4回と記載されているのにも関わらず、
目に違和感を感じるたびに目薬を利用し、
反対に目を傷めてしまう人も少なくありません。

 

なぜ、目に良い効果をもたらす目薬が目を傷めるのか?

 

不思議に思いませんか?

 

実は、その理由は目薬に配合されている防腐剤にあります。

 

市販薬の目薬と、医師から処方される目薬の最大の違いは、
防腐剤の配合量にあることをご存知でしょうか?

 

医師から処方される目薬の使用期間は、
おおそ1〜2週間となります。

 

市販薬の目薬は、ほとんどの商品が
約1ヶ月使用できる期間が設けられているのです。

 

使用期間の違いは、防腐剤の量になります。

 

ちなみに、防腐剤は、目の角膜を傷つける恐れがあり、
その傷による視力低下につながることもあります。

 

市販薬の目薬を利用する時は、
パッケージに記載されている用法を守って利用するか、
防腐剤が配合されていない目薬を購入されることをおすすめします。

 


花粉症で視力が低下することはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。