花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で熱っぽくなることはありますか?

 

花粉症なのに、熱っぽさを感じたことはありませんか?

 

花粉症の一般的な症状と言えば、
目の痒みや充血、鼻水、鼻づまり、
くしゃみ等の症状になりますが、
悪寒や寒気、熱っぽさを感じることがあるとのことです。

 

熱が出ると風邪ではないのか?

 

そう考える人も多いと思いますが、
実は花粉症の症状にも熱っぽさを感じる場合があるのです。

 

なぜ、花粉症なのに熱っぽさを感じるのでしょうか?

 

花粉症の症状を確認してみると、
鼻水、鼻づまり、くしゃみ、倦怠感やイライラ、
浮腫み、微熱、悪寒、肌荒れ等があるとのことでした。

 

では、熱っぽさを感じる原因は何でしょうか?

 

私達の体に花粉が侵入すると、
その花粉を異物と思い、何とか排除しようと戦います。

 

その際、その異物を少しでも早く
排除しようとするために熱が出るわけです。

 

その戦いの間、体は熱っぽさを感じており、
その熱っぽさのせいか、倦怠感やイライラを感じ、
疲労が募るのです。

 

また、その疲労のために体力が奪われ、
治りが遅くなる(><)

 

結果、負のスパイラル、
いわゆる悪循環に陥ってしまうのです。

 

その微熱、熱っぽさを治すには、
医師の診察を受け、適切な治療を受けることが肝心です。

 

いつもの花粉症薬で治るから大丈夫だと
安易に考えることは危険です。

 

微熱と言えども、熱は体が発している信号なのです。

 

体のどこかに、何かしらの無理が生じている証拠でもあります。

 

特に、花粉症薬を服用中の人は、
薬と薬の飲み合わせによるデメリットもあります。

 

そのため、熱を下げるための鎮痛剤等を服用する前に、
必ず医師の診察を受けることが大切です。

 


花粉症で熱っぽくなることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。