花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症でリンパ腺が腫れることはありますか?

 

リンパの腫れていると聞くと、悪性腫瘍ではないかと
思われる方もおられるでしょう。

 

悪性腫瘍とは、悪性リンパ腫とも呼ばれる病気になります。

 

リンパが腫れる原因になるものとして、
よく知られています。

 

痛みを伴わない場合が多く、
気づいたら体全身のリンパ節に腫れが生じ、
すぐさま治療開始となる人も少なくありません。

 

リンパが腫れると、
発熱、貧血、倦怠感等の症状があります。

 

なかなか腫れが引かない、
微熱が長く続いている、出血がある等の場合は、
早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 

ただし、リンパの腫れは、悪性腫瘍だけではありません。

 

花粉症で苦しむ人の中にも、リンパの腫れに苦しむ人が
いらっしゃることをご存知でしょうか?

 

鼻や口から侵入した花粉やウィルス、細菌によって、
咽頭炎や扁桃腺炎等の症状を発生します。

 

その侵入した細菌がリンパ液に入りこんでしまうと、
私達の体を守っている抗体が、
それらの細菌を侵入させないよう、
一生懸命にブロックしようと働きます。

 

結果、リンパが腫れるのです。

 

ちなみに、リンパの腫れている箇所を見れば、
どの器官に原因があるのか、分かるとのことです。

 

リンパが腫れた際の対処法についてですが、
まず、ウィルス、細菌等を体に侵入させないことです。

 

また、炎症を起こしている場合は、
炎症を抑えることが必須です。

 

喉周辺のリンパが腫れている場合は、
うがい薬を使用して喉を殺菌することで、
細菌の増殖、繁殖を抑えることができます。

 

市販されている消炎鎮痛効果を持つ薬でも
効果があるとのことです。

 

ですが、自己判断は危険を伴いますので、
早めに医師の診察を受け、
適切な治療を受けることをおすすめします。

 


花粉症でリンパ腺が腫れることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。