花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で扁桃腺が腫れることありますか?

 

花粉症は、鼻水、鼻づまり、目の痒み等の症状がありますが、
これらの症状によって、様々な二次災害を発生させます。

 

例えば、喉の痛みや腫れ、倦怠感、頭痛、
扁桃腺の腫れといった風邪に似た症状で
苦しんだ経験はありませんか?

 

中でも扁桃腺の腫れは、仕事等で声を発する
職種に就いている人にとっては致命的な症状になります。

 

小さい頃、風邪を引いた際、扁桃腺が腫れ、
喉の痛みと扁桃腺の腫れのダブルの痛みに
苦しんだ経験のある人も多いのではないでしょうか?

 

扁桃腺と言えば、風邪を引いた時に発生する症状という認識がありますが、
実は、花粉症でも扁桃腺の腫れに苦しむ人も少なくないのです。

 

扁桃腺が腫れる原因は、口の中から侵入した花粉が
喉に付着した花粉によってアレルギー症状を発生させ、
炎症を引き起こすことにあります。

 

ちなみに、扁桃腺とは、大きく口を開けた際、
舌の奥深くに見えるこぶのような形状をしたものになります。

 

口を開けた時、両サイドに
こぶのような形状をしたものが見えると思いますが、
それが扁桃腺になります。

 

扁桃腺は、口の中に侵入してくる様々なウィルス、
細菌等から体を守る免疫器官になります。

 

扁桃腺は、花粉が口の中に侵入した際、
アレルギー症状を発生させないよう
体内に侵入させないよう一生懸命働いてくれています。

 

ですが、花粉症の様々な症状によって体の抵抗力が低下すると、
扁桃腺に付着した病原菌が繁殖し、炎症を起こしてしまうのです。

 

この炎症を起こした症状を扁桃腺炎と呼んでいます。

 

ただ単なる扁桃腺炎であれば、喉に違和感を感じる程度で済みますが、
悪化すると、発熱、頭痛、関節痛等で苦しむこととなりますのでご注意下さい。

 


花粉症で扁桃腺が腫れることありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。