花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で咳や痰が出ることはありますか?

 

花粉症の症状と言えば、鼻水、鼻づまり、
くしゃみ、目の痒みや充血等が主な症状となっています。

 

この他にも、咳、痰、頭痛、倦怠感等の症状がみられます。

 

鼻水、鼻づまり、くしゃみは、
鼻腔内に花粉が付着することで発生します。

 

目の痒み、充血は、目、もしくは目の周りに
花粉が付着することで発生します。

 

鼻や目への花粉の付着を防ぐには、
マスクで鼻をカバーし、メガネで目の周りを防げば、
100%ではありませんが、花粉の付着を防ぐことができます。

 

ですが、咳や痰は、マスクやメガネ等の
花粉症対策アイテムで防ぐことができません。

 

では、どのようにすれば、
咳、痰を防ぐことができるのでしょうか?

 

花粉症の鼻水の症状は、鼻腔内に付着した花粉を
何とか体から追い出そうとするあまり、
鼻水を大量に出す傾向にあります。

 

その鼻水が鼻から出れば、何も問題はありません。

 

ですが、私達の体にある鼻と口は繋がっています。

 

鼻から出ず、喉へ流れてしまうと、
咳を出すことでその鼻水を外へ出そうと働くとのことです。

 

朝起きた時、咳が出て困った経験はありませんか?

 

実は、その咳は、就寝中に溜まった鼻水を出そうとして、
咳を発生させるのです。

 

咳が続くと、喉に炎症が起こりますが、
その炎症が原因となり、痰がからむとのこと!

 

花粉症なのに、咳や痰が発生する原因は、
この流れによって起こっていたのです。

 

ただし、黄色い痰が大量に出る時は花粉症ではなく、
気管支炎、肺炎の疑いがあるため注意が必要です。

 

また、就寝中に何度も咳をし、
長く咳き込む時や熱を発生している時は、
気管支炎、肺炎、結核、喘息等の疑いがありますので、
早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 


花粉症で咳や痰が出ることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。