花粉症の症状・原因・対策・治療法・薬

花粉症で肌荒れすることはありますか?

 

花粉症で肌荒れ?!

 

そう聞けば、鼻のかみ過ぎによる鼻の下の肌荒れ、
もしくは、目の痒みによる目の周りのかぶれを思い浮かべませんか?

 

実はこれらの肌荒れは、
花粉症皮膚炎と呼ばれる肌荒れの一種になります。

 

花粉症皮膚炎は、
花粉が飛散する時期に起こる皮膚炎になります。

 

肌の乾燥、痒み、赤み、湿疹等の症状が発生し、
通常使用しているスキンケア化粧品が
その時期には使用できなくなる等の
被害を被ることも少なくありません。

 

この症状に似た症状に接触性皮膚炎があります。

 

こちらの接触性皮膚炎も、
肌に刺激を感じることによって赤みや痒み、湿疹等、
花粉症皮膚炎同様の症状が発生します。

 

ですが、花粉症皮膚炎は、
目や鼻の周りに発生することが多いのが特徴です。

 

一方、接触性皮膚炎は顔や腕、
首等の体全身に発生することが多いとのことです。

 

また、花粉症皮膚炎は、一年中発生するわけではなく、
ほとんどの人が花粉の飛散する時期にだけ発生しているとか。

 

ですので、発生する時期を確認し、
早めに皮膚科医の診察を受けることをおすすめします。

 

それから、花粉症の人には着用必須の
マスクやティッシュペーパーですが、
そのマスクやティッシュペーパーで、
鼻やほおを傷つけることも(><)

 

一日中、マスクを着用していると、
鼻や口の周りに汗を掻きます。

 

昨今は通気性の良いマスクが販売されるようになりましたが、
それでも一日中着用するとなると、
マスク内の湿気、雑菌増殖で肌荒れ等を起こす恐れも!

 

マスク選びは慎重に。

 

安いから、増量中だから、
大容量だから等、安易な理由で選ばず、
面倒でも数種類買って試し、
肌荒れを起こさないものを選ぶことをおすすめします。

 


花粉症で肌荒れすることはありますか?

花粉症で悩んでいる方のために花粉症の症状や原因、最新の治療法、対策、薬など役立つ情報を紹介しています。